理 念

1000年続く森作り

兵庫県丹波市のシェアビレッジの森を拠点に活動している一般社団法人 山守。


1000年続く豊かな森作りを理念に掲げ「たくさんの人が森に入り、森を体験してもらう」ために3つの軸を中心にしています。

■元気で素敵な森を作る
■木材の使い道を創る
■みんなに伝える

森が荒れると土砂崩れや倒木といった災害が頻繁に起きてしまうと言われています。

災害に巻き込まれて悲しむ人がいないように
人を守るために森を知り、豊かな森を作ること

そのために私たちは森に入り、森と人間が共存できる森作りを続けていきます。

元気で素敵な森を作る

人間が手入れをしようがしまいが、森は成長を続けて弱くなったところから崩れていきます。

草や木が腐り、いずれ土になる。
水が流れる場所は風が通り、緑が繁り昆虫が育ち、鳥や動物がやってくる。

そんな自然の中では当たり前の循環を意識しながら、猛禽類が戻ってくるくらいに元気で素敵な森を作っていきます。
そして日本全国に広がる森を、それぞれの土地の人たちで育て、守る森作りを広めていきます。

木材の使い道を創る

ここまで森が弱まってしまったのは、林業に関わる人が減ってしまったことも要因の1つだと考えています。
森や林業に関わりたい気持ちは持っていても、仕事として成立しなければ継続は難しいです。

そのため、仕事として成立するために木材の使い道を多く作ることで、
作り手・関わり手を増やす活動を行なっています。

伝える

直接、お話会やイベントで森に触れ合ってもらう、山守から発信する情報で森について知ってもらうなど
毎日森に入り森に触れ合っている山守だからこそ、森のリアルを皆さんにお伝えできると考えています。

また「行きつけの森構想」として、日本全国に豊かな森を作ることで、
自分が住んでいる近所に気軽に入れる森を増やしていきたいとも考えています。